マンションの資産価値とは?
資産価値とは、物件が、いくらで売れるか、どのくらいの価値があるのか
人気のあるマンションとは、みんなが羨む、住みたいと思うマンションとは、いったいどんなマンションでしょう。
「新しい」「新築」と言うものは、いづれ「古く」「中古」になります。それは、止めることはできません。
その為、新築と言う理由で人気があるというのは、陰りがあります。
そうすれば、何が人気を維持する秘訣になるのでしょう。
変わらぬ人気と言えば、第一に、立地条件かもしれません。
基本的に立地条件は、価値、人気もあまり変動がありません。
建物が古くとも立地条件の良し、悪しは変わりないのです。
また、地価と資産価値は連動しているのも事実です。
それに伴って、人気も連動します。
しかし、いくら人気エリアと言えども物件数は、あまり増えることはありません。
希望している人すべてが、その地域に住むことは難しいのです。
土地には限りがありますから。
利便性が良い物件は、一生、利便性が良いということになります。
普遍的な、大きなメリットと言えます。
あと、大きなポイントは、マンションの建物の管理体制と言えます。
常に、清潔で快適なマンション。
定期的に行き届いたメンテナンスを維持し、サポート体制万全のマンション。
また、今後の規模の大小にかかわらず、修繕、補修、交換などの工事など、こまめな計画設定を行い、進捗状況を住民に報告できる管理体制。
その他に、修繕積立金の使用や
積み立て状況についてもしっかり管理が出来ているかが、大きなポイントです。
植木の管理、ゴミ捨て場清掃、駐車場、駐輪場、掲示板すべてが、ほぼ完ぺきなマンションについては、文句のつけ言うようがなく、人気が落ちる理由が見当たりません。
また、居心地がよく快適なので、マンションを売る人が少ない、それにより、希少価値と言うものも出て、より一層物件の資産価値が上がるというものです。
中古マンションは、こういう管理体制も調べることが出来ます。
新築マンションに比べるとメリットと言えるはずです。
このような、人気のマンションを中古でも手に入れることが出来たなら、購入時の資産価値を長く維持できるという事にもつながります。
また、流行りのリノベーションですが、それを利用すれば一層の資産価値も上がります。
中古マンションが、もっと資産価値あるものとしてみてもらえるようになれば、住宅ローンも、もっと簡単に低金利でスピィーデーに利用が出来ます。
最近では、「フラット35リノベ」商品もあり、中古物件の住宅ローンも変化の兆しがあります。
2016年10月から、2017年3月までの間、試験的に取り扱うようです。
このローンは非常に低金利で内装費用もひとまとめにしてローンが一本化して組めるのです。
このローンは好条件ですが、建築工事に条件がつきます、私も少し電話で確認しましたが、戸建のリフォームで利用する方が適用されやすいと言うことでした。
なぜなら、マンションの場合はエネルギー資源節約関係のリフォームはなかなか個別で出来ません。他にも、耐震と言ってもマンション全体でのことですので個別ではできません。
その場合は、窓ガラスを熱遮断に変えてみましょう。また、段差をなくすバリアフリーなども取り入れたりしてみてください。
しかし、この「フラット35リノベ」を利用したい場合は、前もって確認の上、利用できるか確認してください。リフォーム内容により低金利が利用できるかが決まるようです。
このように、中古マンションも自分が住むだけでなく、資産価値の観点から見たり、売却した際に値崩れしないように考えてみるもの良いかもしれません。
いずれ、売却の可能性があることを、考えて購入するのが、長い目で見て損が出ない賢い買い方であり、また、将来の売却にもおいても、賢い選択だと思います。
今すぐ売却する予定がなくとも、売却も視野に入れながら、購入する上手な買い方が出来れば、資産を上手く減らさずに生活できると思います。